レーザー脱毛とは

脱毛

レーザー脱毛の仕組み

神戸にある美容クリニックでは、レーザーを使った脱毛方法を利用しています。レーザー脱毛は、脱毛したい部分に直接レーザーを当てることができるため、直接毛根を破壊することができるのです。レーザーの光は毛根部分のメラニン色素に反応する為、効率よく毛根にダメージを与えることができます。毛の成長時期に合わせて施術を行なうことで、徐々に毛を生えにくくすることができます。

効果

レーザー脱毛の効果が高いと言われている理由は、毛の成長期に合わせて施術を行なっていることと毛根に直接ダメージを与えることができるという理由があります。脱毛効果を高めるためには、しっかりとメラニン色素に反応させて毛根を破壊する必要があります。そのため、毛の成長がストップしている時期ではなく成長している時期から退行している時期に合わせて施術を行なうことが大切なのです。こういった方法で施術を行なっていく事の他にも、レーザー脱毛の方が照射力が高いため効果を実感するのが早いと言われているのです。

術後のケア

神戸にある美容クリニックでレーザー脱毛の施術を受けた後も、しっかりと脱毛箇所のケアを行なうことが大切です。術後は、施術箇所が赤くなったり、腫れてしまったりする可能性があるため施術を受けるときは締め付けの少ない衣服を付けていくようにして下さい。ケア方法としては、保湿力の高いクリームを塗ったり、無理に除毛したりしないようにしましょう。数日で施術を受けた箇所のむだ毛が抜け落ちてきます。

脱毛したい部位ベスト5

no.1

ワキ・VIO

一番多いのは、ワキとVIOラインです。ワキはふとした瞬間に見えてしまう場所でもあり、自己処理を続けていると黒ずんでしまうため脱毛しているという理由が多く寄せられています。VIOラインは、生理中のむれやかぶれを防ぐために脱毛しているという人が多いでしょう。

no.2

腕・足

お洒落を楽しむためには、腕や足のむだ毛処理を忘れてはいけません。毎日自己処理を続けているとカミソリ負けや、肌あれの原因になってしまうため肌の状態を維持しつつむだ毛を無くしたいという女性が多く利用しています。

no.3

胸元・背中

肌の露出が増える時期になると、胸元や背中のむだ毛が気になるという女性は少なくありません。最近は、肌見せファッションも流行っているため一層気になってしまいます。胸元や背中部分は自分で自己処理をするのが難しいため、美容クリニックやサロンに通って処理する方は多いです。

no.4

うなじ

髪を結んだときや、アップスタイルにした時に見えてしまう、うなじは多くの人の目に止まってしまいます。そのため、後ろ姿も綺麗でいたいという女性の多くが脱毛しています。うなじは、自己処理してしまうと形が崩れてしまうため自己処理するのは避けた方が良いでしょう。

no.5

手や足の指

地味に生えている手や足の指にあるむだ毛は、自己処理するのを忘れてしまうことが多い場所と言われています。そのため、気がついたら伸びていて焦ったという人も少なくありません。そういった事態を防ぎたい人や自己処理する場所を少しでも減らしたいという人が脱毛しています。

脱毛効果を高める方法

肌の保湿

脱毛効果を高めるためには、肌をしっかりと保湿しておく必要があります。乾燥した状態の肌に施術を行なってしまうと火傷などのトラブルに繋がってしまいます。また、脱毛機の光がしっかりと届かないため効果が半減されてしまいます。

日焼け対策

脱毛に使う光は、黒い色に反応するため日焼けをしてしまうとメラニン色素以外の部分にも反応してしまうため効果が半減してしまいます。また、日焼けをしている状態の肌には、光を照射することができないため施術自体受けられなくなってしまう可能性もあります。

ホルモンバランスを整える

脱毛をしていても、ホルモンバランスが崩れてしまうと脱毛効果を高めることができません。女性ホルモンが減り男性ホルモンが増えてしまうとむだ毛などの毛が濃ゆくなってしまうからです。脱毛効果を高めたいという人は、肌のケアだけではなく体内ケアにも力を入れましょう。

自己処理方法を変える

脱毛に通っていても、気になる部分の自己処理は続ける必要があります。しかし、その自己処理方法によっては脱毛効果が半減してしまう可能性があるため注意しましょう。効果を高めたい場合は、カミソリや毛抜きを使った自己処理をやめて、脱毛専用のシェーバーを使いましょう。

期間を守って通う

脱毛効果を高めるためには、定期的に施術を受けることが大切です。美容クリニックやサロンによって施術を受けるまでの期間は異なりますが、期間を守らずに適当に通ってしまうと効果が半減してしまいます。そのため、スタッフの推奨する期間を守って施術を受けるようにしましょう。